事業計画書とは

事業計画書とは、戦略を練るためのモノで、お金を借りるためのモノとは別です



お客様は誰ですか?と言うのを考えるとお客様が求めている価値がわかります。
それに対してどういうサービスを提供するか?
競争力は何か?(ライバルからお客様を勝ち取るには?)
といった事をまとめていきます。

まず、事業の姿をデザインします。これには4つの柱があります。

事業領域


キーワード:すきま
提供する製品・サービスは?
その製品・サービスに対する顧客の期待価値は?

商品コンセプト


キーワード:絞り込み、細分化
対象顧客は?(誰に)
提供価値は?(何を)
提供方法は?(どのように)

競争力


キーワード:ベンチマーキング、差別化
ノウハウは?
ライバルは?
ベンチマーキング
成功事例から学びましょう。但し、同業種から学んでもダメです。
その会社は越えられません。
ライバル
ライバルを設定すると打つ手が見えてきます。

顧客満足


キーワード:相対的
顧客の声を聞く方法は?
マーケットは常に一定ではありません。
経営とは環境への適合であるという人もあります。
世の中の変化をどうやって知るか?

利益計画とは?
売上 − 費用 = 収益
費用の95%は達成されます。
売上についてはわかりません。相手があることだからです。
これを達成するには?というのを銀行は知りたがります。
数字の根拠です。