なぜ事業計画書が必要か

「どうせ計画なんか立てても、そのとおりになんかいかない」と思うかもしれません。
しかし、事業計画書は次のような場面で必要になり、事業を成功に導くのに欠くことのできないツールとなります。
事業計画書を立てるということは、事業アイデアを具体的なビジネスイメージとして目標化し、それを達成するための実行方法を明らかにすることです。
少なくとも紙上に表現できないビジネスは、協力者からの理解も得られるものではないといえます。

1.夢やアイデアを実行可能な事業に近づけるため
事業計画書を作成する過程で、より深い思考がなされ、計画自体の論理性、妥当性を増すことができます。また、具体的な行動プランを明確にしていくことで、よりスムーズに事業の展開を促します。

2.第三者の理解や協力を得るため
一人または、数人で事業を開始するとしても、さまざまな人や得意先から協力が必要になるものです。また、特定のビジネスパートナーとの共同事業を想定する場合も少なくありません。事業計画書がこれら協力者からの賛同を得る強力なツールとなります。シビアな事業環境が続くなか、単純に夢や思いつきを語るだけでは、第三者からの支援や協力を得られないのです。

3.事業に必要な資金を集めるため
事業を開始するには、それ相応の資金が必要になるものです。できれば、自己資金でなんとかしたいところですが、政府系金融機関や民間の銀行、ベンチャーキャピタルなどから資金調達を検討するケースも少なくありません。そこでは、事業性の判断材料として事業計画書の提示が求められてきます。

4.達成具合を確認し、今後の対応ができるようにするため
「行き当たりばったり」の事業展開では、ビジネスはなかなか成功しません。「計画どおりにことが運んでいるのか」を常にチェックし、必要に応じて計画の軌道修正を図ります。事業計画書は、事業の達成度の評価指標となり、計画変更のベースとなるのです。

名古屋 会社設立のトップへ